目的が決まっているローンなら低金利の商品がたくさんある

フリーローン・カードローンは使い道が自由で便利なローンではありますが、もし確固たる目的があってローンを利用するのなら、目的別ローンをお勧めします。

目的別ローンって何?どんな種類があるの?

あまり聞きなれない目的別ローンですが、割と身近な存在である自動車ローンも、実は目的別ローンのひとつです。

要は、住宅ローン・教育ローン・リフォームローン・ブライダルローンなど、まとまった資金が必要な特定の利用目的にのみ適用されるローンのことを指します。

ほかには、カメラローン・レジャーローン・歯科治療ローン・楽器ローンなど、珍しいものも存在します。

目的別ローンの金利や審査はどうなの?

利用目的が特定されているため、フリーローンに比べて低金利。

フリーローンの金利相場が13〜18%なのに対して、自動車ローン0.8〜5%、住宅ローン0.5〜1.5%、教育ローン2.5〜5%、リフォームローン3〜5%、ブライダルローン4〜15%が金利相場となるので、一目瞭然ですね。

限度額も800〜1,000万円までと大口融資になっているのも目的別ローンの特徴です。ただし、使途が証明できるよう領収書や見積書などの提出義務があるので、収入証明を提出するだけで済むフリーローン・カードローンに比べると、審査は厳しめという印象。

でも逆にいえば、利用目的がはっきりしているので、浪費癖のある人が借りるには、ムダ使いせずに済むという捉え方もできます。

ただ、返済しても繰り返し借入することはできない

注意しておきたいのは、目的別ローンは一度借りてしまったら、残りは返済していくことしかできないという点。ここは、限度額までの範囲で繰り返す何度も借りられるフリーローン・カードローンとは違います。

もし、使う目的が明確であったとしても、定期的に借りる予定があるのなら、目的別ローン向きではないのです。

窓口契約が主流だった目的別ローンも、最近ではインターネットやFAX・電話で気軽に仮申込みが行えるようになりました。本契約には来店する必要がありますが、それでもほかにない低金利を選ぶのであれば、申込みする価値は十分にあるかと思います。

もし、あなたが欲しいと思うものが、手に入れるためにまとまった資金を要するタイプのものであるなら、まずはそれに対応している目的別ローンを探してみてはいかがでしょうか?